オールド・ドンゴラの遺跡
Old-Dongola
6世紀から8世紀に栄えたキリスト教国のマクリア王国の遺跡


カリマから西へナイルが北方向に湾曲した先
ドンゴラは古くから上ヌビア地方の中心地であり、キリスト教のマクリア時代からイスラム教化された時代までの多くの遺跡が存在している。
ドンゴラの歴史はマクリア王国領となったのち、北のエジプトのムハンマド・アリーの侵略を受け、エジプト領スーダンの一部となった。
 
 

古いキリスト教会は14世紀モスクに造り替えられた。