九龍壁前の


所在地;山西省大同市東街
建造年;明代洪武年間(1368年〜1398年)
明代王府前の障壁。長45.5m・高8m。飛雲の乗って吼える9匹の大龍が描かれている。中国で最大の障壁。橋はその前面の池に架かる。 

右手の大きな壁が九龍壁
明の太祖朱元璋の第13子朱桂の屋敷の前に建てられた影壁(寺廟や大邸宅の大門の外側に立てられる壁)。
黄、緑、朱、紫、藍の5色の瓦で9つの龍が描かれています。ちなみに、龍は蛇の体、魚の鱗、鯉のひげ、鹿の角、馬のたてがみを組み合わせてあります。
明・清代は、九・五は吉祥な数字として尊ばれ、九龍壁の中の龍、山、波濤、雲などが九と五の数で組み立てられています。