テッサロニキのロトンダ
Rotonda

建造年;306年
形状;直径24.5m  壁厚6.0m
円柱形のこの建物は東方正帝であったガレリウスが、自身の霊廟とするために建造を命じたもので、306年に完成した。なお、当時どの神を祀る予定であったかは伝えられていない。
ロトンダは霊廟として使われることは無かった。その後帝国の皇帝となったコンスタンティヌス1世により、ロトンダはキリスト教会に転換された。