阿蘇
一の宮町

(阿蘇郡・現阿蘇市

天神橋
町指定有形文化財

 所在地; 阿蘇一の宮町  
 形  状; 橋長11.5m  橋幅3.8m  径間6.1m
 建造年; 弘化4年     1847年
 石 ; 

 
  天神橋橋







  熊本県一覧表に戻る
  トップページに戻る  
  「天神橋の工事は、あしかけ3年を要し、約百個の石がみごとなアーチをえがいている。橋のたもとには「弘化四年丁未吉辰(1847)八代郡種山手永(現東陽村)棟梁 石工卯助」と刻まれている。
卯助の最大の事業は、緑川に架けられた下益城郡砥用町清水の霊台橋で、石工棟梁種山の卯助ら総勢72人で行なわれたとある。この霊台橋が完成の日彼はもう天神橋の着工に向けて出立していたという。
卯助は最後の一石を頂点にはめる時、その真下に威儀を正して正座したといわれ、覚悟の程がしのばれる。」
一の宮町