常盤橋震災被害の修復 

被害調査の概要図
亀裂と沈下

亀裂と沈下部分図

工事順序図


左から修復の順序

左から支保工設置と石垣解体・輪石の解体・基礎部分の解体・・・・ 
 
左から基礎部分の解体(27年度まで)・橋の復旧・高覧の設置 
 
 

シートの向こう側を見ると内部の土は抜け落ちていない。
 
 

平成28年4月の状況
 
常盤橋全体が撤去された。石材は他所で保存し調査研究・修復される。

基礎部分(展示写真)